七條千恵美 しちじょうちえみ

経歴

同志社大学卒業後、JALに入社。お客さまから多くの賞賛をいただき、際立った影響力を持つ客室乗務員として「Dream Skyward 優秀賞」を受賞、取締役から表彰を受ける。
また、TOP VIP フライトの中でも最上級ハンドリングのフライトであった皇室チャーターフライトのメンバーに抜擢された経験を持つ。
2010年より2年間、客室教育訓練室のサービス訓練教官として 1000人以上の訓練生を指導。教官としての会社評価は評価最上位に該当する S 評価。マインドの授業に定評あり。
2013年JALを退職。研修講師として活動するため 2014 年5月『GLITTER STAGE』を創業、2015年法人化。
現在はパナソニック、コーセー、ポーラなどの大手企業から中小企業、商工会、教育機関など多岐にわたり講演や研修を行っている。
接客マナー、職場内コミュニケーション、人材育成、チームワーク、安全従事者としての心がまえなどを多くの人に広めていくことを使命とする。
受講者からは「おもしろい!わかりやすい!背筋が伸びる!熱い!」という声が寄せられている。最近では、社員のための社外メンター役や経営トップ層からの社員教育方針の相談も受けている。

主な講演テーマ

ワンランク上の接客に必要な3つの力
~「アナタでよかった!」の一言が聞きたくて

技術の進歩が目覚ましい昨今、作業だけならロボットや機械でも可能な時代になりました。
接客に「人」が携わるのであれば「人にしかできないこと」「人だからこそ提供できる価値」が求められます。人は人とかかわることでしか本当の幸せを感じることはできないと言われます。
こんな時代だからこそ「アナタでよかった!」といわれる接客やコミュニケーションのとれる人材が際立つのです。
ワンランク上の接客に必要なポイントを3つの力「外見力」「察知力」「会話力」にわけてお伝えします。 ×

「これくらい大丈夫だろう」は絶対禁止!
~安全に対する心構えと良質なチームワークについて

ミスの連鎖を断ち切り大きなミスを防ぐための心構えとコミュニケーション、チームワークについての講演です。
「安全について高い意識を持つ」という当たり前を今一度胸に刻む機会になるよう努めます。
CA時代のエピソードをベースに、講師からの一方通行にならない工夫を交えながら眠くならない講演を目指しています。 ×

元CAが伝える「安全で快適な環境を提供するために必要な報告・確認・情報共有」
~職場間チームワークを高めよう!

書籍・メディア出演

書籍紹介

クリックすると、詳細が表示されます。

「気がきく人」が大事にしている、ちょっとしたこと
接客の一流、二流、三流
礼節を磨くとなぜ人が集まるのか
人生を決める「ありがとう」と「すみません」の使い分け
ザ・チームワーク―良質なチームワークを築く24の方法
× 「気がきく人」が大事にしている、ちょっとしたこと

「気がきく人」が大事にしている、ちょっとしたこと

誰からも愛され、信頼される人は 〝こんなところ〟にも気をつかっている 「セールス」「接客」はもとより、 日常の人間関係構築にも役立つ コミュニケーションの基本かつ最重要スキル 「気配り力」が身につく! 事例、感動的なエピソードを満載。 著書累計6万部超! 1000人以上のCAを指導!元JALのトップCAがわかりやすく解説!! *** 生活習慣がどれだけ変わろうと、テクノロジーがどれだけ発達しようと どんな時代もかわらず、周囲の人に愛され、信頼され続ける秘訣。 「気がきく人」の考え方、習慣、実践方法を 7つのルールとして紹介! 本書で扱う7つのルール、 そのひとつひとつは どれも意識さえしていれば、 誰でも実行できることであり、 決して難しいものではありません。 「気がきく人」は こういう誰でもできる「ちょっとしたこと」に意識を向け、 とことん取り組むことが、 いかに相手の信頼につながるか、相手を喜ばせるのかを知っています。 あなたもその「ちょっとしたこと」を集めた7つのルールを意識し、 日頃から実行するよう心がければ、 まわりの人から「気がきくね」と言われ、 感謝される機会が増えることでしょう。 あなたの仕事での人間関係はもちろんのこと、 ご近所付き合いやご友人関係がより良くなりますように!

×

これだけできれば大丈夫! すぐ使える! 接客1年生 お客さまに信頼される50のコツ

こんな本が欲しかった!
接客担当者からの反響、続々!

お客さまの「イラッ」「モヤッ」をなくすこと。
それが、接客の基本のキです。

接客のOKとNGのちがいは、ここにあった!
×「お客さまに真顔で応対する」→○「笑顔で応対する」
×「話している最中に言葉をかぶせる」→○「最後まで聞いてから答える」
×「なんでも、少々お待ちください」と言う→○「すぐにお持ちいたします」と答える
×「お客さまの前を無言で横切る」→○「失礼いたします」と言う

やっているつもりが、できていない!
接客の本質とは、「あなたを大切に想っています」「感謝しています」
「歓迎しています」「敬意を持っています」という想いを感じていただくこと。
それを態度で示し続けることが接客スキルの向上につながります!

元JALのカリスマ教官が、お客さまに信頼されリピーターが増える
接客の基本と実践でのコツをやさしく解説します。

× 接客の一流、二流、三流

接客の一流、二流、三流

日本航空(JAL)で、客室乗務員としてお客様・会社から最高の評価をうけ、
さらにサービス教官として1000人以上を指導された実績を持つ著者が、
一流の接客者になるための考え方や心構え、対応力などを紹介する本です。
論外の三流、
熱意はあるけどまだまだな二流を例に挙げ、
一流はどういうところに力点を置くのかを紹介していきます。

× 礼節を磨くとなぜ人が集まるのか

礼節を磨くとなぜ人が集まるのか

成果を出すことのプレッシャーがますます高くなっている最近では、人間が人間と接するときにもっとも大切な礼儀、礼節が軽んじられる傾向があります。
しかし、目先の数字や成果に振り回され、心を置き去りにしたコミュニケーションをしていると、得てして行動が空回りしたり、結果がなかなかついてこなかったりしがちです。 どんな人にも心づかいや敬意、感謝の気持ちをもって接していると、周りから応援され、助けられ、認められます。人に丁寧に接することは、実は最高の成功法則なのです。 客室教育訓練室のサービス教官として約1000人以上の訓練生を指導し、皇室チャーターフライトのメンバーにも抜擢された経験を持つ著者が、どんな状況でも節度ある心を保つ方法と、その心を適切に表現する方法を披露します。

× 人生を決める「ありがとう」と「すみません」の使い分け

人生を決める「ありがとう」と「すみません」の使い分け

皇室サーブも担当していた元JALトップCAが実践。2つの言葉がもつ本来の意味を知り、その正しい使い分けができれば、あなたの人生は劇的に変わる!!人間関係がうまくいき、仕事もランクアップする、現代に必要な「心」と「言葉」の優しい磨き方。

× ザ・チームワーク―良質なチームワークを築く24の方法

ザ・チームワーク―良質なチームワークを築く24の方法

チームワークで何よりも大切なのは一人ひとりが「強くて優しい“個”」として助け合うこと。能力の差、性格の違い、仕事に対する考え方―タイプの異なる部下が互いに助けあえる理想のチームのつくり方。

書籍

  • 「気がきく人」が大事にしている、ちょっとしたこと(Clover 出版)
  • 礼節を磨くとなぜ人が集まるのか(青春出版社)
  • 接客1年生(ダイヤモンド社)
  • 接客の一流、二流、三流(明日香出版社)
  • ザ・チームワーク~良質なチームワークを築く 24 の方法(アルファポリス)

講演実績

民間企業

  • 株式会社ポーラ
  • パナソニック株式会社
  • JA 共済連島根

団体

  • TLC 熊本部会
  • 生命保険外交員様対象
  • 豊田菓子組合
  • 旅館組合様 飲食業組合
  • 横浜市介護老人保健施設経営者会
  • 他多数

Checked 最近チェックした講師

    最近チェックした講師は見つかりません。

講師一覧を見る

Contact お問い合わせ

ご相談は無料です。
ホームページに掲載のない講師も対応可能です。
お気軽にお問い合わせください。

電話アイコン 03-5501-1122 (営業時間 月曜~金曜 9:00~18:00)
お問い合わせ メールのアイコン

候補に入れた講師

  • 候補がありません。

×