岩村明憲 いわむらあきのり

岩村明憲

元プロ野球選手/現福島レッドホープス,社長兼監督(2015-)/スポーツコメンテーター

テーマ

出身・ゆかりの地

経歴

1996年ドラフト2位でヤクルトスワローズに入団。 2001年にオールスターゲームに選出され、日本シリーズでは優秀選手賞を獲得し、日本一に貢献した。
2006年は第1回WBCの日本代表に選出され、準決勝以降はケガで欠場するもラウンド2までは毎試合安打を記録するなど第1回大会優勝に尽力した。2007年にタンパベイ・デビルレイズへ移籍し、翌年には球団史上初のポストシーズン進出、地区優勝、リーグ優勝、ワールドシリーズ進出に貢献する。2009年も2大会連続でWBCの日本代表に選出され、大会 2連覇し、その後、アメリカではパイレーツ、アスレチックスでプレーし、 2011年に日本に復帰後は楽天、ヤクルトで活躍。
2015年からBCリーグに新規参入の福島ホープスの選手兼任監督に就任。

現在、2017年9月の引退試合をもって選手生活を終え福島レッドホープス監督として精力的に活動中。

主な講演テーマ

何苦楚魂 ~私が野球人生を通じて学んだ事、伝えたい事~

日本代表でのWBC連覇や、デビルレイズ(現レイズ)でのリーグ優勝など、チームの主軸として世界で活躍してきた岩村明憲。
彼の野球人生は順風満帆だったように思えるが、プロ入団当初はなかなか結果が出なかった。
当時コーチだった中西太氏が彼のヘルメットの内側に書いた『何苦楚』という言葉。「人生は何ごとも苦しい時が自分の楚(いしずえ)を作るのだ」という言葉を胸に刻み活躍してきた。
異国の地でただ一人の日本人が若いメジャーリーガー達を引っ張り、弱小球団デビルレイズを球団史上初の地区優勝、リーグ優勝そしてワールドシリーズ進出に導いた。
そして現在、球団代表・監督・選手として福島ホープスで福島の希望となるべく活躍する、岩村明憲の野球から学んだ人生、伝えたいことをお話しします。 ×

書籍・メディア出演

メディア

  • フジテレビ「バイキング」「Run for money 逃走中」
  • TBS「サンデーモーニング」「炎の体育会TV」「最強の男は誰だ !壮絶筋肉バトル!!スポーツマンNo.1決定戦」
  • NHK「ワースポ×MLB」
  • その他、野球解説多数。

Checked 最近チェックした講師

    最近チェックした講師は見つかりません。

講師一覧を見る

Contact お問い合わせ

ご相談は無料です。
ホームページに掲載のない講師も対応可能です。
お気軽にお問い合わせください。

電話アイコン 03-5501-1122 (営業時間 月曜~金曜 9:00~18:00)
お問い合わせ メールのアイコン

候補に入れた講師

  • 候補がありません。

×