安川新一郎 やすかわしんいちろう

安川新一郎

グレートジャーニー合同会社代表/東京大学未来ビジョン研究センターグローバル・コモンズ・センター特任研究員/藤田医科大学客員教授/Well-Being for planet earth財団共同創業者兼特別参与

テーマ

出身・ゆかりの地

経歴

マッキンゼー・アンド・カンパニー東京支社・シカゴ支社に勤務。主に通信ITセクターを担当し、インターネット黎明期に各種サービス開発プロジェクトに参画。
その後ソフトバンクに社長室長として入社し、各種JV設立や事業投資案件に参画、ナスダック・ジャパン監査役、ソフトバンクテレコム株式会社、ソフトバンクモバイル株式会社執行役員本部長等を歴任。
デジタル教科書教材協議会理事、日本スマートフォンセキュリティ協会副会長としてそれぞれの協議団体発足を主導。
またこれまで、東京都顧問、大阪府市特別参与、内閣官房政府CIO補佐官、内閣府SIP構造化チームメンバー等として行政府の課題解決にも取り組む。

主な講演テーマ

「未来思考2045」

2045の世界と日本を俯瞰的に捉え今2020年代に何をすべきかについて考察します ×

「ブレインワークアウト〜21世紀の知的生産の技術〜」

機械知能(AI)時代の人間知性(HI)の鍛え方について人類が手にした6つのモードから解き明かします ×

書籍・メディア出演

書籍紹介

クリックすると、詳細が表示されます。

BRAIN WORKOUT ブレイン・ワークアウト 人工知能(AI)と共存するための人間知性(HI)の鍛え方
× BRAIN WORKOUT ブレイン・ワークアウト 人工知能(AI)と共存するための人間知性(HI)の鍛え方

BRAIN WORKOUT ブレイン・ワークアウト 人工知能(AI)と共存するための人間知性(HI)の鍛え方

なぜ世界の知性は「対話」「瞑想」し、「旅」に出るのか――

人工知能(AI)が進化しビジネスパーソンの技術的失業が危ぶまれる時代に、
我々は頭脳をどう鍛え、使えばいいか。

本書では脳の働きを、人類の進化の過程にそって「運動/睡眠/瞑想/対話
/読書/デジタル」の6つのモードに分け、それぞれに全20 のメニューを提案。
生命としての基礎的な部分からデジタルテクノロジーの利用まで……関連研究
分野の知見と優れたリーダーたちによる実践例、著者自身の日常生活での
試みまでを解説する。

書籍

  • 「BRAIN WORKOUT ブレイン・ワークアウト 人工知能(AI)と共存するための人間知性(HI)の鍛え方」(KADOKAWA)

Checked 最近チェックした講師

    最近チェックした講師は見つかりません。

講師一覧を見る

Contact お問い合わせ

ご相談は無料です。
ホームページに掲載のない講師も対応可能です。
お気軽にお問い合わせください。

電話アイコン 03-5501-1122 (営業時間 月曜~金曜 9:00~18:00)
お問い合わせ メールのアイコン

候補に入れた講師

  • 候補がありません。

×